カードローンでキャッシングをしたら返済期間はいつまで?

クレジットカードで商品を分割払いで購入した場合、クレジットカード会社に対していつまでに支払いをしないといけないのかという返済期間は厳密に決まってきます。たとえば、10回払いで購入したのであればおおよそ10ヶ月後に完済する必要があるわけです。しかし、カードローンでキャッシングしたお金の返済期間はそれほど厳密には定められません。もちろん、カードローン会社によって返済一回ごとの期日は決められていますが、その期日を守りさえすれば、極端な話、1万円をキャッシングして10年かけて返済しても構わないわけです。
なぜ、カードローン会社はキャッシングに対してこれほど返済期間に猶予を持たせているのかというと、その方が利益が上がるからです。カードローン会社にとってもっとも利益が上がらないパターンは、お金を借りた客がすぐに完済してしまうパターン。これだと利息がまったく加算されないので、利息収入目当てにお金を貸しているカードローン会社は困ってしまうわけです。しかし、客がいつまでも完済しなければ残っている元金に対して延々と利息が加算されていくので、カードローン会社は客が完済するまでずっと利息を受け取ることができます。
ここでおまとめローンの審査基準を知って多重債務から解放されよう。