脱毛を受けられない

長く生きていれば、自分という人間がどんな人間で、どんなところが自分の強みであり、逆にどんなところが自分の弱みであるかということについては徐々に理解してゆくものであるけれど、私の場合、強みではなく弱みばかりがボンボン出てくるようになってきて、なんだか頭が痛い思いをしているところである。
弱みというか、自分の嫌なところなのだけれど、私はとにかく身体の毛が濃いことが、女子としては致命的な弱点であると思う。
かと言って、簡単に脱毛の施術を受けにエステサロンに行けるほど、私の収入は高くないということもあり、余計にそれはひどい。
あとは、顔に関しては正直言って、不可ではないが優良ではないという、一番中途半端なところに居るので、なかなか恋人もできないという悪循環である。
正確に言うといたこともあるのだけれど、すぐに他の女に乗り換えられてしまった。
何事においても中途半端な女が辿る末路というのは、たいていそんなもんだろうと内心諦めてはいるんだけれど、やっぱり腹にすえかねるところはあるよね。
絶対どうにかして、見返してやろう。